R21


チリチリとシールドに砂利が当たる音が聞こえる。


『うぬぅ! 飛ばし過ぎやわいねっ!!』


岐阜を東西に切る形で存在するR21。

まだツーリングが始まってから10分と経っていないのに既にその上の各務ヶ原を走っている。



目前には長い手足を上手にたたんでOMC-SRを右へ左へ躍らせるマスターが見える。


善良であるがうすのろな障害物にブレーキを踏ませることなく駆けていく。


その決して少なくはない交通量の中を速度にして130キロ程で駆けているのだ。


路側帯の縁をこの速度で駆け抜けるマスターに文句を垂れながら何とか食らいついていく104氏。


104氏は、マスターとOMC-SRが跳ね上げる砂利が首に当たると痛いのでマスターを真似て

『この阿呆ぅ!』

と言ってみた。


どんどん現実的な日常が身から離れていく・・・。

足らない単位、滞納を始め出した家賃、漠然とした将来への不安・・・

すべてがどうでもよいことのように思えてくるのだ。


トップページへもどる    目次へもどる