アサヒクラフトマンシップ

ドライペールエール & ドライポーター


まずは、ドライペールエールから(。・ω・)ノ゙


では、いざ参る・・・久しぶりにインプレ酒精編w





アサヒにしては濃い色、琥珀色なんよ。


上面発酵酵母使用とありエール麦酒なのだが、ドライとある。


うむ、どこまでもアサヒさんはドライで売っていく・・・。





普通に美味い。


それは認めるんよ。


ただ、パッケージにある、【深く、濃く、膨らむ味わい】というのは微妙。


上面発酵酵母使用とあるが、柑橘系香やバナナ香は無い、哀しいほど無いんよ。


これがドライということ?





ならば、エールにドライさは求めていない!と思ってしまうのは俺だけ?



普通に美味い、と冒頭で述べたのは、スーパードライと比べた場合の話である。


俺のビールに求める味覚趣向が、スーパードライとは一致しない為、こっちの方が相対的に美味しいとなるのだけれど・・・。




この麦酒、250円程度/350ccあたりである。


相対的に高いなぁ・・・と感じるんよ。


良くも悪くも国産的。


THE 無難。



大手の醸造所が、いろんな社員の意見の中庸を取ったカタチの無難さ。


美味しいよ、確かに、美味しい。


でも、アサヒが作ったエールに期待して複数個買った俺の期待は見事に裏切られたやわいね。


いや、これがアサヒに対する期待通りってこと??



ほらドライでしょ?ってこと???



間違いなく、いまのところ、日本では、万人受けするでしょう。


何度も、何度も、何度も、嚥下したんよ、複数個買っちゃったから・・・。


その中で、探しまくれば...林檎の香りがしないでもない・・・。













では、次にドライポーター。



うむ、アサヒが作った香ばしいポーター。

そして、ドライという枕詞。


ドライにしなくていいものもドライにしてしまう感満載・・・。



これ、たぶん、ドライの意味が万人によく解る商品なんよ。


美味いかどうかは、ホント個々の主観次第・・・・・・やね。



トップページへもどる    インプレ目次へもどる