キリン 一番搾り 麦芽100% 爽やか搾り



キリン 一番搾りが2009年3月より麦芽100%となるリニューアルを受けた。


104氏は麦酒が大好きである為、店頭発売を心待ちにしていたようだ。


104氏をよく知る関係者たちならば商品が店頭に並ぶや否や104氏が小走りに買いに出掛けた姿は想像に容易いだろう。


関係者には周知の事実であるが嗜好性として104氏はエビス麦酒が大好きである。


だから麦100%だと言われるとどうしてもエビスと比較したインプレを行ってしまうようだ。


息せき切らせてコイツを購入した後もさらに小走りに帰路に就いた104氏も想像に難くない。


自宅に着くなりお気に入りのビアタンブラーをいそいそと持ってきた104氏である。



麦酒の注ぎ方に一家言を持つ104氏は慎重にコイツをタンブラーに注いだのである。



「口を『い』って発音する時の形状で開き、麦酒を塊で咽喉の奥に運ぶ感じやわいね」


飲み方にも一家言あるようである。


では、試飲後の104氏の様子を観察していた筆者がその様子を伝えよう。



大きくコイツを一口飲み、その後何度も首を傾げる104氏が印象的であった。


104氏は匂いを嗅いでみたり、その液体の色や泡立ちを観察してはまた首を傾げるのである。


「美味くないやわいね・・・」


そう残念そうに呟いた104氏の顔を筆者は忘れることが出来そうもない。


期待が大き過ぎたのかもしれない。


104氏は大変にキリン社のファンであったから。



104氏がぶつぶつと呟いた内容を要約したモノを記そう。


・麦芽100%の重厚感まったくナシ(これが爽やかと言うのならそうかも知れないが・・・)

・麦芽とホップの薫りが希薄過ぎる

・のど越しがモコついて悪過ぎる(これが柔らかな口当たりというならそうかも知れないが・・・)

・麦芽100%にした意味はなんなの?(本質的なダメ出し!)

・これならリニューアル前の旧一番搾りの方が良かった(本質的なダメ出し!)



ま、104氏が麦芽100%の重厚感を好む傾向がある為にこの様なインプレになった感もあるのではあるが・・・


「ソリッドな苦味と重さを持ちながらしっかりと薫るエビスには到底及びもつかないやわいね!!」


こんなインプレとなってしまったことが大変に残念であると104氏は嘆く。



*麒麟麦酒株式会社関係者の皆様へ
上記インプレは104氏の個人的好みから書かれたモノであり広く一般的に御社の新製品を貶しているわけではありません。
あまねく広く多種多様な人間の中の、極狭小な範囲の一嗜好としてご理解ください。

104氏が麒麟麦酒株式会社のファンである事実は揺らぎません。

今後とも御社の夢のある商品作りに期待をしております。

御意見等ございましたらお手数ですがトップページ下方のアドレスよりご連絡くださいませ。


トップページへもどる    インプレ目次へもどる