レギュレーターのパンク 〜せっかく目覚めたのに・・・〜


レギュレータが故障してることなんて気付かずに新品のシールドバッテリー装着してブン回して走りまくった挙句・・・お決まりの過電流で新品バッテリーが数分でブロー(。-∀-)

もうバッテリーをパンクさせたくないのでレギュレーターの修理に踏み切ります (`・ω・´)

初公開ですが・・・私のガレージです(。-∀-)

埃っぽいのが欠点なのですが結構広いです (`・ω・´)

機嫌を損ねたままいっこうに走り出せないR1−Zを取り敢えずバラします(-_-;)

いままであんまり壊れてこなかった方が不思議なんだよなぁ・・・とレギュレーターがパンクしたことをすごく納得している自分がいました(苦笑)

今年でコイツも15歳なんですよ・・・反抗期にもなりますわ(。-∀-)

距離は走ってないんですけどね・・・過酷な高回転多様で走り回るオーナーの許で確実にくたびれてきています ( ゜Д゜)回してこそ2stだもんネ!


電装系もだいぶお疲れのことでしょう・・・

取り敢えずヒューズ交換(笑)  20Aですね。

そんで問題のレギュレーター・・・

コレがホントよくパンクするんです・・・。.゜.(ノД`).゜.。

そしてパンクしてるのかどーかってのは見た目じゃ分からないんです・・・。

壊れたまま走ってると確実にバッテリーが過電流ぶち込まれて死んでしまいます(-_-;)

最終的にはレギュレーターが熱もって燃えます・・・嗚呼車両火災Σ(゜д ゜;)そんなネタは欲しくない!!


三相交流レギュレーターの中でもこの『47X』って種類はピンが4本しかないのでレギュ本体から車体へマイナスのアースをとってあげなきゃいけません・・・。

そしてその部分は当たり前のように腐食気味です・・・(-_-;)

だからこうしてセッセコ磨きあげます。


磨きながら考えます・・・レギュレーターってのは回転数に応じてバリバリ発電される電気サンがバッテリーないし各部電装系統をイジメるのを防ぐものです。

いろんな表現の仕方はあるのでしょうが・・・エネルギー保存の法則に則って必ず熱をもつのです・・・。

『47X』はヒートシンクも持たずかなり打たれ弱い種族なのも苦しいところです(-_-;)

だから出来るだけ熱を逃がす工夫をしてあげなきゃいけません。

非接触半導体の寿命は温度が10度下がるだけで凡そ倍になるらしいです(←専門外なので詳細は不明(。-∀-) )

熱伝導率がイイのはアルミ・・・さっそく熱逃し板を作製することになるのは言うまでもありません (`・ω・´)

さくさくさく・・・しゃりしゃりしゃり・・・

ハイ・・・完成です (同じの欲しい方はMailください)

ダメになったバッテリーです・・・バイク用品店で買うと1諭吉・・・ホームセンターでかうと5000円弱(笑)

・・・個人的にはお勧めしません・・・(-_-;)中国製です。

ターミナルが国産ユアサや古川やGSに比べると小さく、ガタつきなく取り付けようと思うとハーネス先端の加工が必要になります。

『充電済み』として売られていましたが補助充電が必要のようでした。

敢えてコレを選ぶ理由なんて何処にもないのです・・・私??ホームセンターにコレしか在庫がなかったのです(。-∀-)

上は期待の新バッテリー君です (`・ω・´) 米ブランドなのに中国製でした・・・(-_-;)

これも定価は1諭吉位します・・・実売は2000円強でした(ノ∀`;)タハー

でも、ハーネス先端加工は不要ですし、MFバッテリーなのですが液充填が初めに必要なので買った瞬間から放電しまくってるってリスクはないです。

ACデルコは一応MFバッテリー生みの親ですので・・・気分的には何処の馬の骨とも知れない前代バッテリよりは安心感があります。

ここで『おとなしく国産バッテリを買えよ!』と思われた方・・・あなたは私より恵まれたお小遣いを貰っていますね。.゜.(ノД`).゜.。



国産のバッテリーブランド・・・GSユアサや古河がイイのはもちろん知っていますけどね・・・。

それは私には高すぎる消耗品なのです・・・だから今回安い(激安??)ACデルコを買った代わりにあるツテからバッテリーメンテナーを仕入れました。

コレについては私はお金を払う必要がなかったので大変嬉しいのです (家自慢ありがd 笑)



しっかりバッテリーメンテを行えば・・・格安バッテリーでも不安は消えます (`・ω・´)

レギュレーターもパンクしないでしょう!!


しっかし寒い・・・ストーブが頑張ってみても・・・広いガレージは全然暖まりません・・・。

あらかた作業を終えて外に出てみると・・・Σ(T∀T;ノ)ノ 雪?!

そりゃ寒いはずだわ・・・・・・・・・・・・・・・(-_-;)

いつになったら元気に走り回れるのかなぁ・・・と思いながらノーマルタイヤのR32で岐路につきました・・・3回スピンしました(。-∀-)



おしまい


トップページへもどる    R1-Z受難目次へもどる