KSRⅡ @ 104号

KSRⅡ (B6) 80cc




大型マシンの【GPZ900R@104号】に対して、小型マシンの【KSRⅡ@104号】

【GPZ900R】へのカスタムコンセプトがプロショップによるハイレベルチューンならば、

こちら【KSRⅡ】へのカスタムコンセプトは104氏によるアマチュアユーザーレベルチューン。


GPZ900R@104号をプロショップでカスタムして解ったことがある。

プロカスタムの結果は素晴らしい、だがしかし、同時に素人が手を出そうと思う領域は確実に減った・・・。


プロカスタムは、それはそれでいいのだと思うけれど・・・

やっぱり簡単な造りのマシンをガチャガチャ自分で弄る楽しさも捨て難い!!


チビにはチビの楽しさがある。


大も小もお互いを兼ねることはなく、中は中で大でも小でもないという当たり前のことに気付いたのである。


通称【ガチャピン号(2号)】


なぜ2号かって?!


ガチャピン1号もいるから・・・。


どこにご縁があるか分からないのが世の常なのです。



このページは愛くるしいそんな2匹のガチャピン号たちのもの。


程度は明らかに1号の方が良かったんだけどね・・・。

乗ったフィーリングが2号の方が気持ち良くて気に入り、その直感を信じて2号をメインにした104氏。


以後お見知りおきを!


■KSRⅡの初乗りインプレッション

KSRⅡ@104号 キャリパー交換    2017.6.1

KSRⅡ@104号 バックステップ装着    2017.6.20

KSRⅡ@104号 スイングアームとリンク周りのベアリング化 & リアサス交換    2017.7.8


トップページへもどる